ソファーカバー

ソファーカバー

ソファーカバー

このページは「ソファーとソファーカバーのお手入れ方法 」の情報コンテンツです。
ソファーカバー > ソファーとソファーカバーのお手入れ方法

豆知識

ソファーとソファーカバーのお手入れ方法

購入当初はきれいなソファーやソファーカバーも日がたつにつれて、やはり汚れてしまいます。きれいな状態を保つには、日々のお手入れが大切です。

普段のお手入れ

布製のソファーやソファーカバーをかけたソファーのお掃除は、まずは掃除機でホコリを吸い取ります。背もたれや肘掛けと座面の隙間はホコリがたまりやすいので、念入りに掃除機をかけましょう。目立つ汚れは、薄めた中性洗剤と雑巾で拭きます。あまりこすらずに、たたき拭きで汚れを取るようにした方が、ソファーが傷みにくいです。

本革のソファーは、やわらかい布でから拭きします。月に1回程度は革製品専用のクリーナーを使って掃除したいところです。合成皮革のソファも本革と同じく、柔らかい布でから拭きが基本です。汚れがあれば薄めた中性洗剤で拭きます。汚れが落ちたら、水拭き、から拭きをしましょう。

ソファーカバーを洗濯するときの注意点

ソファーカバーの利点は汚れたら洗濯できることです。ただし、気をつけたいのが色落ちと縮みです。水温が高いと色落ちしやすくなります。一般的に30℃くらいの水温が一番汚れは取れやすいのですが、これ以上高くはならないようにしましょう。色落ちとともに起こるトラブルが色移りです。綿素材で色の濃いものは色落ちしやすいので、できればソファーカバー単独で洗うことをオススメします。

それから縮み対策として、縮みやすい素材の場合は手洗いがいいでしょう。たらいで押し洗いをします。押したりゆるめたりを20~30回ほど繰り返します。強くゴシゴシやってしまうと、せっかくの手洗いの意味がありません。繊維の摩擦を少なくするため、やさしくゆっくりと洗ってください。

洗濯不可の場合はドライクリーニングを

多くのソファーカバーは自宅で洗濯可能ですが、洗濯不可のマークのものや色落ち・縮みが心配な場合はクリーニング店でドライクリーニングをしてもらいましょう。ドライクリーニングは、水を使わず、パークロロエチレンなどの揮発性の溶剤を使って汚れを落とします。水を使わないので、色落ちや縮みを防げます。その代わり、汗の汚れやにおいが取りにくいという欠点もあります。ウェットランドリー法といって、ドライクリーニングと水洗いを組み合わせた方法を行うところもありますので、クリーニング店で相談してみましょう。

ソファーカバー 激安通販